2008年08月10日

「余命1ヶ月の花嫁」の映画化って…

映画化する必要があるのかなぁ…。

「余命1ヶ月の花嫁」はドキュメンタリーだからこそ伝わるものがあっるような気がするんだけど…。

結婚式のシーンを撮り直しても、やっぱり本物の映像には到底及ばないだろうし、陳腐なお涙頂戴ものにならないかが心配です。


榮倉奈々が「余命1ヶ月の花嫁」…瑛太とダブル主演

8月7日8時0分配信 スポーツ報知

 映画「余命1ヶ月の花嫁」(廣木隆一監督)で女優・榮倉奈々(20)と瑛太(25)がダブル主演することが6日、分かった。TBSで昨年放送されたドキュメンタリーが題材で、乳がんと闘い24歳で亡くなった長島千恵さんとその恋人・赤須太郎さんの奇跡の愛を描く。10月にクランクインし、千恵さんの三回忌にあたる来年5月の公開を予定。NHK朝の連ドラ「瞳」のヒロイン榮倉と大河ドラマ「篤姫」で人気の瑛太のフレッシュコンビが注目されそうだ。

 多くの人が涙したドキュメンタリーが映画化される。昨年7月にTBSで放送された「余命1ヶ月の花嫁〜乳がんと闘った24歳 最後のメッセージ」は若年性乳がんと懸命に闘い、明るく生き抜いた長島千恵さんに密着。亡くなる直前に恋人の太郎さんと挙げた結婚式が感動を呼び、視聴率16・6%、マガジンハウス社から書籍化もされ40万部を超えた。

 映画化のオファーが殺到する中、平野隆プロデューサーが遺族から許諾を獲得。肝細胞がんで亡くなったプロウインドサーファー・飯島夏樹さんの半生を描いた映画「Life 天国で君に逢えたら」を手がけた平野氏は「事実は超えられないけれど、ドキュメントを超えた映画を作りたい」と意気込みを語った。監督も番組を見て名乗り出た廣木隆一監督(54)が務める。

 千恵さん役は、榮倉奈々が務め、恋人・太郎さん役に瑛太を起用。平野氏は「千恵さんの持っている清楚(せいそ)な輝きを表現できるのは榮倉さんしかいない。すがすがしいさわやかなイメージの瑛太くんも太郎さんと重なる」。遺族や親友に打診したところ、「2人のイメージにピッタリだと思いました」と喜んだという。

 榮倉は「千恵さんからのメッセージを、自分の体を通してたくさんの方にお伝えするという重大な役割をいただいた」と気を引き締めた。瑛太は映画化が決まる前に番組を視聴、実存の人物を演じることで1か月半、悩んだというが、「ドキュメンタリーと原作本を読んで、たくさん涙が出ました。彼女が番組を通して伝えたかったことを僕はこの映画を通して体現したいと思います」と決意を語った。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080807-00000055-sph-ent
posted by サイボーグパパ at 20:54| Yahoo! ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

FXの口座数が1年で約2倍に

口座開設する人がうなぎのぼりですね、FX。
しかし、この1年間の為替相場は激動でしたね…。
ちょうど1年前にFXを始めた人で、資産を減らさずに生き残ってる人ってどのくらいいるんでしょうか…。

ちょうど1年前の円相場は、1ドル=120円くらい。
それが、お盆の週にナイアガラ(円急騰)にあって、1日で6円くらい円高になったんじゃなかったかなぁ…?
クロス円も軒並み急騰したんで、ロングで大量保有していた人たちが、お盆に海外旅行に行って日本に帰ってきたら、全ポジションロスカットで死亡してましたなんて洒落にならん事態がいたるところで起こっていたような記憶があります(笑)

その後も円高が止まらず、3月には1ドル=95円までいきましたよね。

あのときに思い切ってドルを買いまくっていれば…なんて、投資の世界で「もし」「たら」は禁句ですね。


FXの口座数が1年で約2倍に

 比較的少額の資金からレバレッジをかけて外国通貨を取引できるFX(外国為替証拠金取引)。外為法改正を受けて1998年に登場したばかりの金融商品だが、近年急速に個人投資家の間に浸透しつつある。

 矢野経済研究所の調査によると、2008年3月期の口座数はFX業界全体で123万7319口座。2007年3月期の64万4802口座から91.9%も増加した。同研究所はその原因を(1)セミナーの実施、キャンペーンによる開拓(2)高スペック商品の投入による投資環境の充実(3)投資コストの低減 ――にあると分析している。

 口座数は2007年3月期の倍近くまで伸びたものの、口座残高は6964億2400万円と13.5%の増加にとどまった(2007年3月期6133億 6300万円)。同研究所では、「2007年秋や2008年春の急激な円高によって外貨買い投資家の資産が減少したこと」が要因とみている。

 面談や電話、メールなどによるヒアリング調査で、対象は商品先物会社、専業会社、証券会社、異業種からの新規参入会社など128社。調査期間は2008年5月から7月。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080808-00000022-zdn_mkt-bus_all
posted by サイボーグパパ at 21:47| Yahoo! ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気持ちは分からんでもないけど…

たしかに、結婚式を挙げる方の立場からすると、自分たちが主役になったような気持ちになるし、非日常が味わえるし楽しいのは分かるんだけど…。
逆に呼ばれる立場からすれば、「またかよ!」ってなるわな、そりゃ(笑)
美川憲一が忠告してくれたのも、結構本心なんじゃないのって思いますけど…。




「いい加減やめなさい」うの、結婚式の挙げすぎで美川憲一から忠言される

 タレントの神田うのが7日(木)、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールで上演中のパリ・オペラ座バレエ『エトワール・ガラ2008』の観劇に訪れた。「趣味は結婚式」と公言し、今年5月にグアム、先月中旬頃にはハワイで3度目の結婚式を挙げたうのは「また(結婚式を)挙げたいって言ったら、けんちゃん(美川憲一)から『いい加減やめなさい』って言われちゃった」と肩をすくめながら、悪びれずに笑顔を振りまいた。

 この日は、女優・真矢みきの夫でバレエダンサーの西島千博も観劇に訪れ、報道陣からの「今日は真矢さんと一緒じゃないんですか」との声がけに「仕事の関係で来られなかったんです」とポツリ。真矢とはまだ同居してないそうで、プロポーズの言葉についての問いかけにもノーコメントで、照れ笑いを浮かべた。

 一方、夫婦円満の秘訣について尋ねられたうのは「相手を束縛しないで自由にしてあげることかな」と話し「うちもお互い自由にしてま〜す」とおどけていた。

 バレエの殿堂であるパリ・オペラ座のトップに君臨する「エトワール」を中心に、若く才能あふれる世界のバレエダンサーたちが集結した同公演は今月10日(日)まで上演。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080807-00000004-oric-ent
posted by サイボーグパパ at 00:50| Yahoo! ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。